ごあいさつ 


平成23年4月30日より県議会委員としての任に就かせて頂きました。皆様から頂いたご期待に、『県議会議員としての活動をしっかりと務めること』でお応えできるよう、日々全力で県政運営に取り組んでおります。

議員就任と同時に、国も佐賀県も東日本大震災への対応、復興という、かつてない困難な課題に直面しました。

全国的に経済活動が停滞する中、佐賀県においては防災行政の全面的な見直しや原子力発電の再稼働の是非、地域経済対策などについて県議会で活発に議論されました。そのような中で、佐賀県では地域経済活性化を図る目的でリフォーム補助金を創設し、学校教育ではICTを利活用した先進的な教育を推進。また、佐賀空港から上海への国際線航路を開設し海外からの観光客の誘致に力を注ぐなど佐賀県独自の取り組みを積極的に展開しています。

民主党政権から自公政権へ再び政権交代し、地方交付税や農業の戸別所得補償政策、諌早湾の開門調査等がどのように推移していくか不安な面がありますが、佐賀県の立場として、地域の生活者の視点に立った政策実現に向け、しっかりと県政に取り組んで参ります。

江口よしのり.